青魚サプリの必要性!あなたのDHAとEPAは足りてますか?

青魚サプリ

青魚サプリに含まれている成分であるDHAとEPAが世界的に注目されています。
青魚を食べる習慣をつけた方が良いと言うことは、よく耳にすると思います。
なぜ今頃になって青魚が注目されているのでしょうか?

MENU
  1. 青魚サプリの成分&働き&コスト考慮した総合ランキング
  2. 青魚サプリに多く含まれるDHA・EPAの働きと必要性
  3. 青魚とは!DHA/EPAが豊富で体内の油に良い効果を持つ特徴があります
  4. 青魚の種類とDHAやEPAの摂取量と働きについて
  5. 青魚の豆知識
  6. 青魚サプリのDHA・EPAの「質」にも注目
  7. 青魚が苦手な方がDHA・EPAを積極的に摂取するには

青魚サプリの成分&働き&コスト考慮した総合ランキング

DHA&EPA+セサミンEXimp

DHA&EPA+セサミンEX【サントリー】の特徴

DHA、セサミンをはじめ6つの健康成分が一度に摂れる贅沢配合!
1..生活習慣や考える・覚える力をサポートする青魚のサラサラ成分DHAとEPA
2.若々しさをサポートするゴマの稀少成分セサミン
3.乱れがちな体調をサポートする玄米由来の健康成分オリザプラス等をぎゅっと凝縮!
☆DHAサプリメント市場12年連続売上No.1(※)の確かな実績があります!
【通常価格】5,500円 +税(120粒 約30日分
下記バナーからなら10%増量パックのプレゼント中!
定期コースだけの3大特典有り 10%OFF送料無料
DHA&EPA+セサミンEX【サントリー】
※2004-2015年売上金額(確定)出典:H・Bフーズマーケティング便覧2006-2017
No.2 機能志向食品編(DHA・EPA成分カテゴリー内シェア(株)富士経済

きなり【さくらの森】の特徴

1,000人以上のモニターの声から生まれたに究極のDHAサプリ
結果とと実感にこだわって開発された感動のDHA・EPAサプリ
「きなり」ならDHA・EPAを500mg(4粒)しっかり摂れる!!
「きなり」のDHA・EPAは上質なので水溶性も高くしかも魚臭くない!
2015年モンドセレクション最高金賞受賞の確かな実績!
【通常価格】5,695円
今なら1,980円 脅威のリピート率92.3%!
【きなり】
安心の15日間返金保証制度もあるので安心して試すことができます。
返金保証制度はサプリメントではめずらしい!商品に自信のある証拠です!

青魚博士【日本規格合格品】の特徴

圧倒的なEPA含有量と含有比率でこの価格ができるのは【青魚博士】だけ!
【EPA500mg】【DHA200mg】と圧倒的な配合量を実現!!
国民健康調査により平均で約700mg不足が明らかになっています。
⇒1日に魚のサラサラ成分700mgを摂取する必要があります!
JHFAマークを取得している認定健康食品です。
酸化を防ぐために、3粒づつの個装パッケージで配慮されています。

【通常価格】4,400円(180粒 約30日分)
3,960円!(定期コーズ) 他にもお得なコース有り!
DHA&EPA(やわた)

美健知箋EPA&DHA【佐藤製薬】

美健知箋EPA&DHA【佐藤製薬】の特徴

美健知箋EPA&DHA(ビケンチセン)は製薬会社開発で品質が違います!!
●EPAとDHAの含有量が違う!!
佐藤製薬のEPA&DHAは一包750mgの圧倒的な含有量です!
●酸化を防ぐカプセルは特許製法で高濃度配合に成功!
酸化に弱いEPA&DHAを守り吸収も良くしてしかもニオイも抑えられている。
【通常価格】6,480円
今なら1,000円 初回限定価格実施中!
美健知箋EPA&DHA

大正DHA・EPA

大正DHA・EPA【大正製薬】の特徴

お求め安い価格でDHA・EPAを600mgも配合!
独自製剤技術で溶けやすいカプセルを実現!体にやさしい
酸化しやすいDHA・EPAを守るアルミの個別包装が飲みやすい!!
1日に足りない600mgがしっかり取れてコストパフォーマンスも高いのが特徴!
【通常価格】4,000円
初回限定1,000円 送料無料!
【大正DHA・EPA】

オメガエイド)オメガエイド

【オメガエイド】 サントリー
大切な3つの「オメガ脂肪酸」ARA(アラキドン酸)・DHA・EPAをギュッと凝縮
オメガパワーが前向きで聡明な毎日を応援してくれます♪
さらにオメガパワーアスタキサンチンがしっかりサポート!
【6,000円+税】180粒/1本(1日6粒目安:約30日分)送料無料!

青魚サプリ,EPA,DHA

青魚サプリに多く含まれるDHA・EPAの働きと必要性

そもそも青魚と呼ばれる魚がいるわけではなく、青魚はイワシやサバ、サンマのように背が青く見える魚を青魚と呼んでいます。
日本の食卓に並ぶ魚としても、お馴染みの名前ばかりだと思います。

 

青魚は昔は食事に焼いて出されるという光景が多く、日本食と言えば青魚の焼魚と言うイメージでした。
しかし昔に比べると今の日本の食文化は欧米化が進み、青魚を食卓で見る機会はかなり減ってきてしまっています。

 

また、青魚を苦手とする人も多く、食べたくても青魚に抵抗があって食べられないという人も少なくありません。
家族に青魚を食べて欲しくていろいろ工夫しても食べてもらえないというお母さんも多いのではないでしょうか!

 

青魚に含まれている必須脂肪酸:DHAとEPAの必要性

青魚サプリ

青魚に多く含まれているDHAやEPAは、WHO(世界保健機関)でも摂取を推奨しています。

 

世界の様々な機関で、必須脂肪酸と呼ばれるDHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)は、健康状態を維持するために
必要な食事摂取基準の対象となっています。

 

しかしDHAとEPAは日常の食事では、意識しないと十分に摂取するのは難しいと言われています。
その最たる理由は、魚を食事している方でも魚を調理して食べてしまうと、
調理の過程で一部の栄養分を失ってしまうので、思っているよりも摂取できてないことがあります。

 

30代以上で見た場合は、30代から40代の働き盛りの人が少ないと言うデータもあります。
DHA・EPAが健康維持に重要な役割を果たすことを理解し、
サプリメントで補うなど積極的な摂取を心がけたいですね。

DHAサプリ

<画像元:やずやの青魚HP

青魚とは!DHA/EPAが豊富で体内の油に良い効果を持つ特徴があります

青魚サプリ,EPA,DHA

青魚とは顔から上部を見た時の背びれの部分が青い魚のことをいいます。
基本的に、さばいた時には赤みと白身のバランスが半々であり、
白身でも赤み魚でもありますが、さばいてみた時に銀色の光沢があるように感じる特徴があります。

 

さらに背びれが青く輝いて見えるのは、青魚の大半は大洋や沿岸を回遊する時に
外敵から狙われないように太陽からの反射光を浴びることで姿を見えにくくするように進化しています。
そのことから背びれの部分が青く、さばいてみた時に銀色の光沢があるように感じるものが大抵青魚ということになります。

 

青魚の成分の特徴

青魚サプリ,EPA,DHA

青魚の最大の特徴としては、さばいてみた時に銀色の光沢があるように感じることですが、
その光沢を演出しているのが青魚に含まれている脂質分だと言えます。

 

青魚に含まれている脂質の正体はエイコサペンタエン酸そしてドコサヘキサエン酸であり、
一般的に不飽和脂肪酸と呼ばれている脂質分です。

 

エイコサペンタエン酸そしてドコサヘキサエン酸の特徴は、
一般的な脂質分は空気に触れると酸化し固まる性質を持っていますが
エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸の油は、空気に触れても酸化が遅く固まりにくいことが挙げられます。

 

そのため体に溜まった空気に触れて固まってしまった脂質分に影響して、空気に触れても固まらない
エイコサペンタエン酸そしてドコサヘキサエン酸と同じ性質に変化させることで血管の流れを良くします。

 

ただ毎日青魚の油を摂取するのは難しいので、その部分はしっかりと青魚サプリメントで補う方法があります。。
そして青魚から摂るにしても、空気に触れても固まらないですが、油の質が悪くなり酸化しないというわけではないため、
青魚を食べるときにはしっかりとその日に食べきることが栄養をくまなく摂取する条件になります。


青魚の種類とDHAやEPAの摂取量と働きについて

青魚サプリ,EPA,DHA

青魚は一般的には背の青い魚として知られています。
しかし、DHAやEPAの観点から見ますと種類は幅広くなってきます。

 

青魚はニシンやマアジ、サンマなどが一般的に紹介されていますが、
青魚ではなくてもDHAやEPAを豊富に含んでいる魚の種類はたくさんあります。
その代表例としてはマグロやカツオ、マダイ、ぶり、太刀魚などがあります。

 

時期・種類・調理法の違いによる摂取量の変化

また魚の獲れる時期種類調理法により摂取できる量が変化していきます。

 

カツオの場合

鰹(カツオ)

例えばカツオは春獲りの初がつおと秋獲りの戻りがつおにより差がでます。
戻りがつおのほうが断然DHAやEPAの量が豊富に含まれまています。

 

健康を気にしている場合は、戻りがつおを食べるようにするといいでしょう。
DHAやEPAを摂取したければ、煮たり焼いたりすると成分が失われてしまいますので、
生のお刺身で食べることをおすすめします。

 

サケの場合

鮭(サケ)

青魚は、赤身か白身かで分類しますと赤身魚に属します。
しかし白身魚の代表例であるサケやタイにもDHAやEPAが多く含まれいます。

 

特にサケアスタキサンチンも摂取できますので
お刺身として食べるには非常によいとされています。
アスタキサンチンには、がん細胞の増殖を抑えるという研究結果も出ています。

 

DHA・EPAの一日の推奨摂取量

青魚サプリ,EPA,DHA

厚生労働省が推奨するDHAやEPAの一日の摂取量は1000mg以上となっていますが、
毎日栄養素が豊富に含まれたお魚を種類別に食べていたとしても、これだけの量を摂るのは難しいと考えられます。

 

また、煮たり焼いたりすると、それだけ摂取量も減りますので、
推奨された量を毎日体内に取り込むのは限界があると推測できます。

 

そのため、まずは食事でDHA・EPAの栄養をしっかり取得して、
そのあとにDHA・EPAサプリメントで補うというのが良いでしょう。

 

普段あまり魚を食べる機会が少ない人にはおすすめとなります。
また、ひとつの種類だけではなく、まんべんなく栄養を摂っていくようにしましょう。


青魚の豆知識

青魚と言ってもいろいろな種類がいて、日本で馴染み深いのは秋の代名詞でもあるさんまやお弁当で見かけることの多いサバ、様々な料理に使用される、そして「イワシ百匹、頭の薬」といわれるぐらい栄養素の高いイワシがいます。

 

イワシの特徴

EPA・DHAサプリ

イワシは、食物連鎖において下位に位置しているため、様々な魚や動物がイワシを餌にして生命を維持しています。
しかしイワシは、食物連鎖の下位にありながら、昨今まで生態系を維持して来ているので、イワシのたくましさは素晴らしいと言えるでしょう。

 

また、イワシに限らず青魚は漁において大量に水揚げされるという特徴があります。
これは群れで行動していることが関係していて、群れで行動することによって
他の魚や動物から襲撃を受けた場合でも、すべての個体が無くならないための知恵と言われています。

 

青魚の由来となっている背中の青さというのも、鳥から身を守るための保護色だと言われています。

 

反対に腹側が白い理由は、海の低い位置から上層を泳いでいる青魚を狙う際に、
太陽の光によって錯乱させるためだと言われています。
青魚の体型や色には、生き抜いていくためのきちんとした意味があります。

 

青魚の栄養価を凝縮したEPA・DHAサプリ

生きる知恵と言っても過言ではない青魚を、毎日食べたいという人もたくさんいると思います。
しかし、青魚は生だと鮮度が落ちやすいので買い貯めは難しいですし、、その都度買いにいくのは大変です。

 

そのため、青魚を利用したEPA・DHAサプリが開発されており、
青魚の栄養価を凝縮したサプリを手軽に入手できるようになっています。

 

青魚に多く含まれるDHAとEPAの役割

やすやの青魚の知恵

青魚に多く含まれているDHAやEPAは必須脂肪酸と呼ばれる油脂の一種となっていて、飽和脂肪酸ではなく、不飽和脂肪酸の一種であるのが特徴です。

 

飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の違いは融点であり、不飽和脂肪酸は融点が低いのが特徴なので、氷点下でも固まりません。
そのため、冷たい海に生きる魚も元気に泳ぐことができるのです。

 

DHA・EPAは、体内で合成されにくいため、積極的に外部から摂取することが重要です。
DHAやEPAは必須脂肪酸と呼ばれていることからも分かるように、健康を維持していく上で欠かせない要素です。
WHO(世界保健機関)でも摂取を推奨しています。

青魚サプリのDHA・EPAの「質」にも注目

青魚サプリ,EPA,DHA

DHAとEPAはただ「量」を多く摂ればいいだけではなく、
「質」を意識して摂ることも大切です。

 

というのも、DHA・EPAには、体内で「酸化しやすい」という弱点があり、
酸化してしまうと、せっかくの健康パワーが十分に発揮されなくなってしまうのです。

 

サプリメントの中には、
DHA・EPAを酸化から守る工夫がされている商品がありますので、
商品を選ぶ際は、必ずチェックしてみてください。

 

例えば、サントリーのDHA&EPA+セサミンEXには、
その名のとおり、「セサミン」が配合されており、
このセサミンが、DHA・EPAを酸化から守る役割を果たしてくれます。

 

セサミンはゴマに含まれる健康成分で、若々しさを支える健康パワーを持っています。
DHA・EPAだけでなく、ゴマひと粒に1%未満しか含まれない稀少な成分を一緒に摂れるのはうれしいですね。

 

カルシウムの必要性

EPA・DHAサプリ

厚生労働省では、カルシウムを毎日600〜800mg摂ることが望ましいと推奨しています。
しかし、自然に食事をしているだけでは、これだけの量のカルシウムを摂取するのは難しいのが現状です。

 

意識的に摂取するように食事を工夫しないと、知らないうちにカルシウム不足の状態になってしまっていることは十分に考えられます。

カルシウムを継続的に取るためには!

カルシウムと言えば、牛乳に多く含まれている成分としても知られています。
カルシウムを意図的に摂取するためには、スーパーに頻繁に足を運んで購入しなくてはなりません。

 

しかし、牛乳を飲んで魚を毎日食べてカルシウムを摂ろうと思っても、よほど牛乳や魚が好きか、
強い意志が無い限り長期にわたって同じものを飲んで食べるというのは難しいものです。
世の中には、カルシウムがたくさん摂取できると謳っている健康食品サプリメントはたくさんあります。

 

しかし、原料にどのような物が使用されていて、それをどのような工程で製造したかということが
可視化されてないところも多いのが現実です。
どんな物が使用されているかわからないのでは、継続して摂取していく上で不安心が残るのも否めません。

 

しかし、やずやの青魚の知恵などでは、青魚だけでなくタラの骨に熱をかけて粉末状にしたカルシウムも配合されています。
それに加えて、どのような魚が使用されていてサプリメント化されるまでの工程も
消費者が安心できるように可視化しているため安心して摂取することができます。

 

また、魚が好きでも臭いが気になると言う人は多いものの、青魚を使ったEPA・DHAサプリメントは、
青魚の栄養分を含めすべてをカプセルの中に閉じ込めているため、臭いを気にすることなく続けられます。

青魚が苦手な方がDHA・EPAを積極的に摂取するには

EPA・DHAサプリ

昔に比べて、日々の食事において洋食を食べる文化が進んだことによって、
青魚が食卓に出される機会が減っています。

 

そもそも食べるまでに骨をのぞく作業の手間を嫌ったり、
白身の魚に比べて苦味や臭いの強い青魚を嫌う方もいます。

 

子供の頃に青魚が嫌いでも、成長するに伴って自然と好き嫌いが治るというケースは多いのです。
しかし、大人の場合は嫌いになっていると、好き嫌いを克服させるのは難しくなっています。

 

大人は青魚が極端に好きな人と嫌いな人に分かれるように思います。
好きな人からすると独特な味や魚の臭いすらも好きになっているので、
青魚が嫌いな人の気持ちはあまり分からないと思います。

 

しかし、嫌いな人にとって見ると、少しでも臭いがするだけで嫌いスイッチが入ってしまいます。
青魚は大人が健康維持をする上でできるだけ食べる方が良いと言われているので、
嫌いを克服したいところだと思いますが、無理をして食べたところで継続性は望めません。

 

魚嫌いな大人が青魚の成分を効率的に摂取するには

やはり、何事を続けるということが大事なので継続性を大切にしたいものですが、
そんな場合におすすめするのが無理をしなくても続けることができる青魚サプリです。

 

青魚サプリは、サプリメント型となっているので青魚の味が苦手という人でも食味を感じることなく飲むことができます。

 

魚が苦手な方にとっては、味の抵抗なく摂取できることがメリットになりますが、
魚が好きな人にとっても、料理の手間をかけずに摂取できるので、サプリを利用するメリットは高いと言えます。

【青魚サプリを徹底比較|あなたのDHA・EPAは足りてますか?】関連情報